2006年04月03日

You’re Beautiful

JAMES BLUNTの『back to bedlam』というアルバムの中の曲名のタイトルです。
京都府相良郡木津町、精華町、京田辺市の本当に素敵な親愛なる皆さん達、
一人一人を思い浮かべながら聴きたい、捧げる想いで歌いたい(実際には英語なので
難ですが)、私の大好きな曲です。
歌詞の意味は、只今、翻訳中なので定かではありませんが・・・(汗)
曲名は、まさに、私が、その素敵な方達、一人一人に向かって叫びたい言葉です!!
皆さんの心意気が美しい!!皆さんの人間味が美しい!!
皆さんのひた向きさが美しい!!皆さんの絆が美しい!!
皆さんの優しさが美しい!!皆さんの前向きさが美しい!!
皆さんの正直さが美しい!!皆さんの厳しさ、温かさが美しい!!
色んな意味で『美しい』この国『日本』から、共に世界に向かって羽ばたこう!!
世相や現実に負けず、無限の可能性と夢を信じて!!
そして何よりも自分を信じて!!
改めて、皆さんに『人』として本当に大切なものを教わった気がします。
曲調は、そんな皆さん達と共に談笑しながら、語りながら、穏やかな空気の中で、
絆を確かめながら、聴きたくなる様な素晴らしい曲です!!
出逢えたことへの喜びの気持ちを込めて、出逢えたことへの感謝の気持ちが溢れて・・・
是非、聴いてみて下さい!!
でも、やっぱり締めは長淵じゃないと駄目っすかねぇ〜(笑)
posted by 溶接人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接人NEWS

2006年03月26日

祝!溶接人サイト開設!!2006/03/26

ついに、待ちに待った溶接専門ウェブサイト『溶接人』がオープンしました!!
今日からが、このサイトの進化と成長の本当の始まりですが、先ずは、今日のオープンに向けて、ここまで漕ぎ着けてくれた関係者の皆さんの尽力に対し、言葉では言い表せない沢山の感謝の気持ちで一杯です!!本当にありがとうございました!!!!
記念すべき『2006年3月26日0時』のカウントダウン!鳥肌が立ちました!!
名付けて「溶接人〜男前サイト〜」は、お蔭様で本日、無事に開設させて頂くことが出来たわけですが、挑戦にはまだまだ続きがあります!乞うご期待下さい!!
そして、その挑戦の節々で、カウントダウンの場を当社スタッフも共に交えて、これから本サイトを通じて出逢う、本活動への真の理解者、共感者の一人でも多くの人達と、この感動!!この興奮!!この喜び!!を分かち合いたい!!と思います。
本日、日本における小型溶接機・家庭用溶接機市場の道を拓いた、扉を開いた当社創業者の七回忌の命日に、既に数十年前に、同じことに着眼し挑戦されて来た事への敬意と、その先見性や想い、挑戦があってこそ現在の我々や本サイトの誕生があることの因果への感謝の気持ちで、創業者と、これまで、時に“アウトサイダー”と揶揄されながらも、怯まず、弛まず、誇りを持って“家庭への溶接機の普及”に挑戦し続けて来てくれた、沢山の関わった先輩諸氏に捧げる想い、又、当社スタッフに、当社のミッションや存在意義を少しでも理解し、感じてもらいたい!!との想いも込めて取り組んで来ましたが、それ以上に、これからは、多くのこれから“溶接人”となられる方にとっての掛け替えの無いサイトとなるべく、関係者一丸となって取り組んで行きたい!!と決意を新たにしました。
これから“溶接”に触れる、関わる方々の『キッカケは溶接人サイト!!』となるべく、
又、一人でも多くの方に“溶接”と出逢って本当に良かった!!と感じて頂けるように、“溶接”を通じて社会貢献の一翼を担える様に、常に『〜ing(現在進行形)』の精神で、ピリオドを打たずに取り組んで行きたいと思います。まさに『人』と『溶接』の無限の可能性を信じて!!
先程、本サイトの監修をお願いした小宮賢人様からも「何かに衝き動かされる様な想いで、ここまで取り組んで来れた」とのお言葉を頂きましたが、昨日の創業者の法要の際に、お寺のご住職より「集まった私達が供養してあげている、この様な機会を設けているのではなく、故人より、逆に私達がこの様な機会を与えられている、故人に導いて頂いているのです」という意味のお話を頂きました。
そういう意味では、本サイトの開設も、上述した捧げるという想いも思い上がりで、導いて頂いたのだと感じました。これからも常に謙虚に、でも自信を持って、胸を張って、本サイトや関わる人達と共に、前進・成長して行きたいと思います。
溶接シーンに新しいスパークを!!が当社のスローガンですが、本日、スパークという表現では物足りない位の、一つの新しいスパークが確実にこの世に放たれました!!
これからも、本物のご縁ある皆さんと共に、その絆を鎖の如く繋いで、一つ、また一つと、溶接シーンに新しいスパークを放ち続けて行きたいと思いますので、これからの本サイトを、厳しくも暖かいご支援・ご声援で、どうぞ宜しくお願い致します。
“人”と“心(想い)”が中心の夢の溶接専門ウェブサイト『溶接人』のはじまり、はじまり〜〜〜
posted by 溶接人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接人NEWS