2007年04月26日

雑誌『CAR BOY』主催の溶接講習会

CAR BOY 講習会
皆さん、こんにちわ。
先日、4月8日の日曜日に、東京都内にある、雑誌“CAR BOY”編集部様の専用ガレージにて、家庭用溶接機の講習会(企画記事の取材も兼ねて)が開かれました。
CAR BOY誌は、20代後半から40代前半の、自分の持つ車の修理・改造・メンテナンスを行う方々が主な御購読者層で、車いじりが好きな方には定評のある雑誌です。
その御購読者の中でも、溶接機が欲しいという方が多い反面、技術的なことが不安で購入を躊躇っている方が結構多いとのことで、今回の御購読者様をお招きしてのHOW TO企画の実施となりました。
ご依頼は、溶接機の販売で日頃からお世話になっているWorld Import Toolsの板橋本店の樋口店長様を通じて、当社にお声を掛けて頂き、講習と実演をお引き受けさせて頂くことになりました。
講義と実演体験は、今、最も注目さてている3機種、ノンガス半自動溶接機のアーキュリー80ルナ(SAY-80L)とアーキュリー120(SAY-120)、そして、インバータ直流アーク溶接機のアイマックス80(SIM-80)を中心に行われました。一番人気は、やはりダントツでアーキュリー80ルナhttp://www.suzukid.co.jp/product/index.htmlで、アーキュリー120http://www.suzukid.co.jp/product/say120.htmlはステンレスやアルミなど拡張性が高いところが高評価を頂き、アイマックス80http://www.suzukid.co.jp/product/sim80.htmlは、なんと言っても、その軽さに驚く方が多かったのが印象的でした。
実際に行った内容は、折れた触媒の修理とマフラーの接合、その他に穴の補修や厚みの違う材料の溶接、厚板同士や丸棒の溶接の実演・体験も行い、特に穴の補修や厚みの異なる母材の溶接は、マフラーの修理や改造に良くあるケースということで、参加者の皆さん全員が、食い入る様にデモをご覧になっていました。又、ルナの体験では、皆さん溶接経験が少ないにも関わらず、さすがにそこそこ上手く溶接されていて、皆さんのセンスの良さとルナの性能と使い易さがマッチして、とても嬉しく感じました。
我々参加させて頂いたスタッフ側も色々と勉強になった一日でした。
参加者の皆様、編集部の皆様、そして樋口店長、お疲れ様でした。
ありがとうございました!!
ちなみに、本企画の取材内容の掲載は、5月15日発売のCAR BOY6月号にお目見えするとのことですので、是非、チェックして、溶接にチャレンジしてみて下さい!!やってみたら、結構、ハマりますよ〜。
世間では旧車ブームも到来しているようで、古い車の部品は入手出来ないものも多く、そんな時の補修に役立つのが溶接機でもあります。一人でも多くの車好きの皆さんの、溶接人への仲間入りをお待ちしております!!
CAR BOYに関する情報はコチラから⇒http://www.carboy.jp/



posted by 溶接人 at 12:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 溶接人NEWS
この記事へのコメント
中古溶接機を専門に扱っています。もしよろしかったら、アクセスしてみて下さい。
Posted by 中古溶接機のニーズコーポレーション at 2009年01月06日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3844732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

溶接とは
Excerpt: 溶接とは工業界に欠かせない作業の一つです。 アーク溶接、 ガス溶接、 tig溶接等各種紹介と その資格の取得についてかいてあります。 お役に立てば、うれしいです。
Weblog: 溶接 資格@取得情報局
Tracked: 2007-06-14 11:21