2007年02月28日

CUSTOM PEOPLE カスタム ピープル 3月号

カスタムピープル

今日は溶接にまつわる情報が掲載された雑誌を2誌ご紹介致します。
何やら今年は、去年以上にあらゆる方面の雑誌に“溶接”が取り上げられそうな気配です。
先ずは“CUSTOM PEOPLE(カスタム ピープル)”というバイクのカスマイズ雑誌の3月号にマフラー等のTIG溶接に関する特集が職人技の極意としてカラー3頁で紹介され、併せてSUZUKIDの家庭用ノンガス直流半自動溶接機“アーキュリー80ルナ”が商品紹介されました。
DIYがキーワードの自分流カスタムバイクの雑誌です。
今回、本誌には紹介されませんでしたが、ルナの兄貴分のアーキュリー120という商品は、同じく家庭用の100?Xでノンガスでステンレスの溶接も可能な優れものです。また別売りのアルゴンガスのボンベセットを購入、装着すれば、なんと家庭用の100?Xでアルミの溶接まで出来てしまう拡張性の高いオススメ商品なのです。
これらの商品は素人の方にも扱い易い半自動タイプの溶接機なので、外観のビードの美しさではTIGには及びませんが、TIGはそれだけ作業する上での技術も要しますので、初心者の方や趣味でバイクをいじられる方なら、断然、半自動溶接機がオススメです。
と、ついつい止まらない宣伝はこれくらいにして、最近、バイクのカスタムシーンでも溶接に興味を持たれてチャレンジされる方が増えているようなのですが、今後、溶接人サイトでも、バイク人の皆さんの少しでもお役に立てる情報やノウハウを充実させて参りたいと考えておりますので、先ずは本サイトを隅から隅までご覧頂き、御意見や御要望があればお聞かせ頂ければ幸いです。
ハーレー好きな皆さんなども大歓迎ですので、宜しくお願い致します。
溶接人とバイク人を繋げることに一役買えれば、本サイト関係者共々、この上ない喜びです。
『しっかりした段取りが結果につながる溶接』の言葉が印象深い“CUSTOM PEOPLE 3月号”の記事でした。
本誌でのSUZUKIDノンガス直流半自動溶接機“アーキュリー80ルナ”に関する掲載内容はコチラから
http://www.suzukid.co.jp/pressreleases/magazine08.html
出版社であるエルビー・マガジン社のカスタムピープル専門サイトはコチラから
http://www.crete.co.jp/cp/index.html
posted by 溶接人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞掲載
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3803510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック